【服装予報】4月のフィレンツェのお天気と持ってきた方がいいお洋服

フィレンツェ旅行お役立ち情報

【服装予報】4月のフィレンツェのお天気と持ってきた方がいいお洋服

これからご観光に来られる方のための豆コラムです!

4月ってどんなお天気ー?

どんな服持っていったらいいのー?

雨は降る?

日差し対策ってどこまで必要?

花粉症ってあるの??



日本でも4月のお洋服って難しいものです。




暑かったり寒かったり。

雨が降ったり、そうかと思ったらピーカン晴れ・・・。



とりわけ、フィレンツェの4月のお天気をおしらせします!


(他の地域は、当てはまらないことがありますので、

 他の地域への移動がある方は、その地域のことも調べてくださいね!)




まず、4月上旬。



サマータイムが始まって、

気温は一気に上がります。


とはいっても、昼夜の寒暖差はまだまだあって、

日が沈むと急に寒くなります。


気温・・・と一口に言っても、

温度計の気温はアテにはなりません。



というのは、『どこ』にいるのかによって、

体感温度が全く違うからです。



ひなたにいるときは、汗ばむほど暑く感じます。

体感温度は30度を優に超えるときもあります。



ところが、路地裏や日陰に入った瞬間、

その火照った皮膚のクールダウンは激しくて、

すぐさまひんやり感じます。



美術館めぐりをたくさんされる方は、

この日陰にいる感じが続きますので、

お洋服もカーディガン、または寒がりの方は薄いダウンジャケットまで必要になるかもしれません。



ところが、お外に出た瞬間、

ぽかぽーか(妖怪ウォッチにこんなんいたっけ?)が発現したかのような陽気なので、

来ていた上着は、すぐに脱ぎたくなるくらいに変わります。




なので、【脱ぎ着しやすい服装】がベスト!!

 ・ 薄手の長袖シャツ + カーディガン

 ・ 半袖下着 + 薄いニット + 上着

 ・ 半袖ニット + 薄めのジャケット



この辺りがオススメです。



ちなみに、タイツはもう50デニール以上のものは、

暑く感じるかもしれません。

履くなら、ストッキング、靴下で十分ですよ!



4月下旬になると、もうめっきり暑くなります。

上着は、かなり軽めのものを。

多少のニットは使えるかもしれませんが、

長袖のシャツとTシャツの重ね着あたりがちょうどいいかもしれません。



どちらにしろ、4月は脱ぎ着で調整できるものを多くお持ちくださいね!



ちなみに。

イタリアでも花粉症はあります(残念ながら!)

すでに花粉症の方は、常備薬をお忘れなく。




5月の服装は、また4月下旬にお伝えします。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ